工具

リサイクルショップが扱う工具には、ねじ回しやレンチなど、家庭用工具箱に入っているものだけでなく、業務用の大きな物まで多種多様であるようです。
電動工具を専門に特化したリサイクルショップも数多く見受けられます。
特定の作業分野に特化した工具は、他の分野で使い回しする事が難しい為、不要になった場合にも、個人で引き取り手を見つけることは困難なようです。
高価な工具は会社にとっても資産であり、何らかの事情があり差し押さえがあった場合にも、工具は財産と見なすほど価値のあるものも多いそうです。
買う場合の新品と比べた場合のデメリットは、何と言っても「保証」でしょう。ですが、リサイクルショップによっては届いた1ヶ月以内は初期不良として保証します、という例もあるそうです。
また、半年、1年と期間を決めて保証を行うサービスを行うお店もあるようですので、高価な工具の場合は保証の有無もお店選びの判断材料になりそうです。
そして、中古品は前の人の使い方によって、多少「歪み」が生じている場合があります。
精密な仕事であれば、実際に使ってみないと、その後使い続けられるか分からない場合があるそうです。
ただし、その「歪み」が「不良」の範囲内になるのかは保証内容次第になりますので、買う時に確認した方が良さそうです。
個人にとっても趣味で創作などを行っている場合、プロ仕様の工具が欲しくなってくるそうです。
プロ仕様の工具はサイズも精密で、力の掛かり方やパワーも一般使用とは大きく違い、仕上がりも全く違うものが期待できるそうです。
やはり、それだけに価格も大幅に高くなるそうなので、リサイクルショップを利用して工具を調達している方もいらっしゃるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です