防犯映像解析

現在ではコンビニエンスストアやATM、エレベーター、パチンコ店、各公共交通機関の駅にも防犯カメラが多数設置されており、警察が設置する街頭防犯カメラも含め、国内には数百万台もの防犯カメラがあると言われています。
防犯カメラは犯罪抑制効果や、犯罪や事故が起こった場合に実際の様子を把握する為に有効な手段だとされていますが、その映像が不鮮明であるなど分かり難く判別できない場合に映像解析が行われるそうです。民間で設置している防犯カメラはコスト面の問題から容量の小さなモノクロ画面である場合が多く、映像解析を行わないと折角の画像も証拠として使えないこともあるようです。
具体的には、無灯火で読み取りにくい車のナンバープレートを読み取ったり、犯人と思われる人物の身長を周りの物と比較することで算出する、といった事例にも防犯映像解析が利用されているようです。交通事故など衝撃の起きる数秒前から遡って自動録画できるドライブレコーダーの普及によって、小さな画面のドライブレコーダーの映像解析依頼も年々増える傾向にあるそうです。
また、音声と同じ様にデジタル画像の場合にはソフトなどを使用した映像の改ざんが行われている恐れがあるため、改ざんの有無を調べる必要がある場合にも映像解析が用いられています。警察が防犯カメラの映像と指名手配犯が同じ人物であるかを調べるのによく使われる「対人異同識別」では、人の顔の輪郭よりも骨格が重視されるそうです。些細な整形や、体重の増減では骨格はさほど変わらないことがその理由のようです。

子供が幼稚園や学校で履く上履きはスクールシューズというんですか。